読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大きな画像データをDVDに圧縮する方法

元の映像データがビデオカメラまたはデジタルカメラのビデオ機能で撮った物かに拘わらず、撮った映像データは編集ソフトで最小限の編集(不要部分のカットなど)を経てつなぎ合わせ、最終的にDVDとして書き出すためのファイル変換→DVD書き込みという行程を必要とします。BD-RE 録画用
また、撮った映像のファイル形式が何であれ、最終的にはmpeg2というファイル形式になってDVDへ渡されますが、この時の変換作業はPCの能力、変換ソフトの機能・能力によって大きく左右されることになります。
DVDディスクへうまく書き込まれた場合は、VIDEO-TSとAUDIO-TSという2つのフォルダーが出来上がっているという流れです。

DVDに記録可能な時間ですが、上記mpeg2形式ファイルに変換する際の”ビットレート”という受け渡しの情報量によってその時間が変わります。BD-RE 録画用
使うソフトによっては、これが設定できるものもありますし、記録対象を4.7GBのDVDであると指定すれば、入る容量に合わせて自動的にビットレートを変化させるソフトもあります。
しかし、DVDの標準的な記録時間は2時間がメドですから、4時間もの”大作”を4.7GBのDVDに収めると言うことは、とてもお勧めできません。(画質が悪く、見づらくなる)
DVD-R DLという約2倍に近いDVDなら何とか・・・というレベルですが、DLタイプに対応したDVDドライブであるのか、また再生する側の方がDLに対応しているのかを確認しておいた方が良いでしょう。

今後とも編集やDVD製作をお考えなら、AdobeのPremiere Erementsか、CorelのVideo Studio Pro X5辺りをお使いになることをお勧めします。BD-RE 録画用